千葉、東京、神奈川、埼玉、茨木の不要品回収は大手の千葉回収.comがおすすめ!

【「不要品回収 遺品整理」の事なら10年の実績。千葉回収へ!】

自動2輪にMT免許とAT免許があるって知ってました?

自動二輪免許を取得するときにAT限定かMTか迷われる方は意外と多いようです。自動車の場合は普通乗用車はおそらく80%近くATとなっているのが現状ではないでしょうか?

しかし自動二輪の場合はMT車がまだまだ多く、いわゆるスクータータイプがほとんどかと思います。ですから、自動二輪免許を取得する場合はMT免許を取得することをお勧めします。続きを読む

自動二輪免許取るなら原付?小型?普通?大型?

当然のことですが、自動二輪車を運転するには免許が必要です。免許の種類は排気量で大型自動二輪車(400cc超え)普通自動二輪車(400cc以下)普通自動二輪車(小型限定)(125cc以下)、原付(50cc以下)の4種類に分類されます。では、一般に自動二輪免許を取得するにはどの免許を取るのがいいのでしょうか?続きを読む

自動二輪免許の教習所探しは?

普通二輪免許を取得するには運転免許センターで学科、技能試験を受けて取得する方法もありますが(いわゆる一発免許)、平均して少なくとも5〜6回は試験を受けないと一発試験での合格はなかなか難しいようです。

一方、教習所では年齢、身体条件等を満たし、学科と技能教習を受けて卒業検定を受けて、卒業証明書をもって、運転免許センターでの技能試験を免除されるというものです。(学科試験を受けて合格する必要があります)

普通免許(自動車)免許を取得している人が自動二輪免許を取得する場合は、学科試験が免除になりますので、通常行われる普通自動二輪教習(技能講習19時限、学科26時限)の学科を受ける必要がありませんので簡単に自動二輪免許が取得できます
続きを読む

自動2輪免許取るならMT免許とAT免許どっちがいい?

自動二輪免許を取得するときにAT限定かMTか迷われる方は意外と多いようです。自動車の場合は普通乗用車はおそらく80%近くATとなっているのが現状ではないでしょうか?

しかし自動二輪の場合はMT車がまだまだ多く、いわゆるスクータータイプがほとんどかと思います。ですから、自動二輪免許を取得する場合はMT免許を取得することをお勧めします。

では教習所でMT免許、AT免許を取得する場合どのような違いがあるか比較してみます。


続きを読む

自動二輪免許の料金

自動二輪免許を自動車教習所に通って取得する場合、学科と実地教習を受けますが、既に何かの免許を持っている場合などで教習を受ける時間が異なってくる場合がありますが、仮に原付免許、何も免許を持っていない場合で平均して15万円位の費用がかかるようです。

ただし教習所により12万円から22万円位の幅があるようです。いわゆる合宿免許といわれる地方の自動車教習所では宿泊費用などを入れると20万円位かかるようですが、短期間(10日程度)で免許を取得できるようです



続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。