自動二輪免許取得情報
千葉、東京、神奈川、埼玉、茨木の不要品回収は大手の千葉回収.comがおすすめ!

【「不要品回収 遺品整理」の事なら10年の実績。千葉回収へ!】

自動二輪免許取るなら原付?小型?普通?大型?

当然のことですが、自動二輪車を運転するには免許が必要です。免許の種類は排気量で大型自動二輪車(400cc超え)普通自動二輪車(400cc以下)普通自動二輪車(小型限定)(125cc以下)、原付(50cc以下)の4種類に分類されます。では、一般に自動二輪免許を取得するにはどの免許を取るのがいいのでしょうか?現在、自動二輪免許にも自動車と同様に、AT免許(スクーター等)MT免許が存在します。 二輪免許には「原付」「普通二輪小型限定」「普通二輪」「大型二輪」「AT小型限定」「AT限定普通」「AT限定大型」という7つの種類があって、それぞれ運転できるバイクの排気量制限や取得対象年齢等の規制があります。まずは自分が乗りたいバイクの排気量や用途にあった免許を選択する必要があります。
各免許とも試験を受ける必要がありますが、学科試験は問題数の90%以上(引っかけ問題多し、熟読必要)と、実技試験があります。
全く免許を持っていない人が自動二輪免許の取得を目指す場合は直接免許試験場で、受験するいわゆる免許ではかなりの時間と費用が必要になるため、教習所で習うことが一般的です。
学科試験はなんとか受かっても試験場での実技試験合格はかなり難易度が高いことや、教習所を卒業した場合は実技試験が免除され、学科試験のみで免許取得が可能となるからです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。